トカゲブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 消化速度と迷子のパイソン

<<   作成日時 : 2012/06/12 19:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週金曜日に、我が家に来て2度目の脱皮をしたニョロ子(仮名)。
尾籠な話でお食事中の方がいたらごめんなさいなんだけど、その後から、フンをする頻度が多くなった。
これまでは1週間に1回程度だったのが、まず脱皮をした日にしていた→翌土曜日、餌(ピンクマウスM1匹)をあげる→この日にもちょっとだけフンをする→日曜日にピンマM1匹→週明けの火曜日(本日)、フンをする・・・
里親さんには「餌はフンが出てからあげるようにして下さい」とアドバイスを受けているので、これまでは育ち盛りにも拘わらず、なかなか餌をあげることが出来なかった。
いずれ大きくなってもっと消化が早くなるのではないかと思っていたけれど、予想以上に早く成長。うれしい限り。
これから本格的に暑いシーズンに入るし、夏の間に沢山食べさせて一気に大きくしたいところ。

ところで、私の住む福岡県で昨日このようなニュースが伝えられました。

ニシキヘビ:ペットか?体長1.5メートル、福岡で捕獲
http://mainichi.jp/select/news/20120611k0000e040113000c.html

福岡市早良区で、体長1.5メートルの「ボールニシキヘビ」が捕獲されたというもの。
「なんだ、ボールか」と思うのは私が爬虫類飼育者だからで、ヘビをよく知らない人、或いは嫌いな人から見れば、恐ろしい大蛇に見えるのだろう。
特に、「生理的に嫌い」な人も多いヘビだから、尚更のこと。
記事の締めくくりにある、「飼い主は責任を持って飼って欲しい」との言葉は、肝に銘じなければならないと思う。
ただ、記事の後半に今年4月に茨城で起きた、ショップ経営者の父親がアミメニシキヘビに襲われ死亡した事件のことを併記しているのには、引っかかりを感じる。
これは柴犬とセントバーナードを、同列に論じるようなものではないだろうか。確かに、ボールだって人を噛む可能性は大いにあるので、その意味では危険かも知れないけれど。
どうせ記事にするのなら、「驚くとボールのように丸くなる」とか、ユニークな習性についても触れてくれれば、印象も違ってくるのにね。

このニュースには、こんな愉快な裏話も。

ヘビ大好き警官と意気投合。仲睦まじい姿を見せる
http://read2ch.com/r/poverty/1339410576/

実は、このボールを捕獲した警官が、ヘビが大好きだったらしい。どうりで、ハンドリングする姿も堂に入っている。ちょっといい話ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消化速度と迷子のパイソン トカゲブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる